結婚式のヘアスタイル
スポンサードリンク

振袖ヘアスタイル108
スポンサードリンク

自分でできる誰でもできる盛り髪カタログ

定番は夜会巻き

結婚式のヘアは、大概夜会巻きというのが通り相場ですが、夜会巻きもコームやオニピン、Uピンと言った小道具で結婚式のヘアスタイルをアレンジしますが、コームもいろいろな種類が販売されていますから、それによって結婚式に着ていくファッションみ合わせるののが夜会巻きのポイントと言えます。
夜会巻きをするにはある程度の髪の長さが必要ですが、長すぎても重たい感じになってうざったい感じになります。ミディアムぐらいが丁度良くボリュームが欲しい時には、ウィッグ(付け毛)を使うと良いでしょう。ウィッグもカラーウィッグを控えめに使うと、効果的ですが、前髪などに使うより巻いた毛に織り込むようにすると上品な仕上がりになって、大人の装いになります。

ヘアスタイルで顔の輪郭を整える

結婚式のヘアスタイルに限った事ではありませんが、ヘアスタイルを決める際には顔の形を考慮しなければなりません。特にアゴのラインなど顔全体のフォルムをヘアスタイルでフレーミングするように考えると、顔全体のイメージを整える事が出来ます。
結婚式のヘアスタイルであれば、新婦を盛り立てる意味で、出席者の結婚式のヘアスタイルはシックなものが良いとされていますが、そうかと言ってあまり地味すぎるのも、結婚式のヘアスタイルとしては適しているとは言えません。
正面から見たヘアスタイルはシックで、バックのまとめ方を大胆なアレンジにすれば、バランスの良い結婚式のヘアスタイルが出来上がります。結婚式のヘアスタイルでは、何より正面から見た場合のヘアアレンジには、顔の輪郭を整える事を優先的に考えたアレンジが必要です。

チャームポイントはサイドの後れ毛

丸顔の人であれば、アップでもダウンでも大体似合ってしまいますが、アゴのラインを柔らかくする場合は、ダウンにして積極的なフレーミングを施して、顔のイメージを整えましょう。髪をダウンにすることで、顔の輪郭が変わり、前髪や後れ毛の処理で、表情のポイントを演出します。
特にあごのラインが張っている人は、結婚式ではダウンのヘアスタイルで、輪郭をぼやかすとやさしい印象になります。バックの処理は、正面の処理とバランスになりますが、ダウンの場合でもバックで少しアップ気味にしてコームで取りまとめると言うアレンジも最近流行っています。
チャームポイントはサイドの後れ毛で、フォーマルなアレンジに崩し気味なテイストを織り交ぜるのがポイントです。取りまとめすぎるとバランスが崩れますから、前後のバランスを十分考える必要があります。

結婚式のヘアスタイル